大阪フリンジフェスティバル

大阪フリンジフェスティバルとは?

The Osaka Festival Fringe

天王寺・あべので、フリンジフェスティバルを開催します。

イギリス・スコットランドのエディンバラで70年の歴史があるフリンジフェスティバル。
このフェスティバルが天王寺・あべので開催されます。
あべのエリアは「あべのハルカス」「キューズモール」など、集客施設が立ち並び、 天王寺エリアは「四天王寺」や「一心寺」をはじめとする歴史的背景が強い。 また「てんしば」や「天王寺公園」、「天王寺動物園」など家族で楽しめる施設も多い。 さらに、天王寺駅を中心とする半径1km以内には50席~300席までの劇場やオープンスペースが数多く点在し、まさに 街全体でイベントをするには適したエリアです。

フリンジフェスティバルの最大の特徴は様々なアワード(批評)。 エディンバラフリンジではここで認められ世界に羽ばたくパフォーマーが多く存在します。
大阪フリンジも新聞・雑誌・メディアはもちろん、この地域ならではのアワードや賞をご用意しております。 新たなステージへの一歩として、長い歴史の1ページ目として、ご参加お待ちしております。

 

Fringe Festival is coming to Tennoji / Abeno, Osaka.
The Fringe Festival has over 70 years of history in Edinburgh, Scotland, and now the world-renowned festival is coming to Osaka.
The modern Abeno area is full of recreation facilities, such as Abeno Harukas and Abeno Q’s Mall. On the other hand, the neighbouring Tennoji area is dotted with historical buildings, including Shitennoji and Isshin-ji, and also many facilities for families with children such as Ten-Shiba, Tennoji Park and Tennoji Zoo. More importantly, there are many small theaters (50-300 seats) and open spaces within 1 kilometer of Tennoji. So as you can see even though the Tennoji / Abeno area is part of a bustling city hub, it is still well suited to hold a festival.

The biggest feature of any Fringe Festival are the Awards. As a matter of fact, Edinburgh Fringe Festival has produced many performers who are now performing worldwide.
We at the Osaka Fringe Festival also provide not only the chance to be featured in media such as newspaper and magazines, but also Awards which are unique to this area. As your first step to the next stage, or as the latest page in your long history, we’re looking forward to your participation.

開催期間
Days

2018年9月20日(木)~10月21日(日)

開催会場
Theater

天王寺・あべのエリアに立地する劇場・オープンスペース

  • 近鉄アート館 (320 seats)
  • OVAL THEATER (70 seats)
  • SPACE9 (60 seats )
  • 一心寺シアター倶楽 (160 seats )
  • STAGE+PLUS (40 seats )… and more.
大阪フリンジフェスティバル

開催主旨

祝祭都市の創造

大阪のエンターテインメントは、「人に働きかけ、人を感動させ、楽しませる」手段(人~装置)に「プレゼンテーション=表現力」の要素 を加えたものであるといえます。 この要素が強く表れている場に道頓堀があります。歌舞伎や文楽、 落語、JAZZ、レビュー、映画等、さまざまジャンルを楽しむ劇場が 立ち並び、通りには、役者や芸人をプロモーションするのぼり旗が林立し、劇場周辺には幕開けや幕間、幕後に食事や買い物、談笑するお店で賑わっていました。この様子は、まさに『祝祭都市』そのものといえます。 私たちは、エンターテイメントが有する「人に働きかけ、人を感動さ せ、楽しませる+表現の」魅力に加えて、地域の魅力、個性的な商業や飲食等の魅力を融合させ、厚みのある祝祭都市の創造を目指します。そして、祝祭都市を地域のブランドしていくため、演劇等により表現するアーティストと表現の場を提供する劇場、これを繋げるプ ロデューサー、この場に参加する観客は、観劇の前後に食事や談笑を楽しむ場となる飲食や物販の商業施設等による創造・実践と融合し、“まち”全体でマルチ・エンターテインメントを展開する『フリンジ フェスティバル』の開催に取組みます。 フリンジフェスティバルとは: 1947年にスコットランドの中心都市エディンバラで始まった。 アーティストはフリンジ事務局を通して登録料を支払い、各公演場所の斡旋を受け、各々 公演場所の持ち主と契約を結ぶ「自主参加」のフェスティバル。 現在エディンバラフリンジではアーティスト参加者25,000人を越え、世界最大の演劇フェス ティバルとなっている。小規模からでも誰でも参加でき、費用対効果の高いのが特徴で、 経済波及効果も高いエンターテイメント フェスティバルとなっている。 英国、エディンバラで行われているフェスティバルは、毎年夏に行われる「エディンバラ・国際フェスティバル」と「エディンバラ・フェス ティバル・フリンジ」とを合わせたフェスティバルの総称として使われています。 開催者は違うのですが、見る側としては2倍楽しみ、夏のエディン バラは芸術満載の“まち”になり、大小複数の演劇やショー、アート が同時期に一斉に行われます。また、大道芸人たちも世界中から集 まり、市内各所のストリートや広場で技を披露されます。 私たちは、このような演劇やアート、ショーを“まち”全体で楽しめる祝祭都市の創造に取組みます。

Becoming Creative City 
Entertainment in Osaka is a fusion of a spirit of “Influence, move, and entertain people” and “expressiveness”. Dotonbori, which is a good example, is a full of theaters in many genres including Kabuki, Bunraku (Japanese puppet theatre), Rakugo (Japanese verbal entertainment), JAZZ, review, movies and so on. The streets bristles with many banner-flags with actors and comedians’ names on it, and always be crowded with people. This is the very thing we aim for, this is exactly “Festival City”. We aim for creation of a thriving city where not only arts but also business are flourishing by making use of the city’s local attractiveness. We proceed with this project in order to make it a way to bring people who are involved together, and make this whole city its venue.
Fringe Festival was held for the first time in Edinburgh, Scotland in 1947. Artists would have paid registration fee to the Fringe Organization, and signed contracts directly with the theaters.  Today, Edinburgh Fringe is the biggest theatre festival is the world which has over 25,000 participants every year. The feature is that everyone can particulate regardless of its size or scale and the cost-benefit performance is fairly high. In Edinburgh, 2 festivals called “Edinburgh International Festival” and “Edinburgh Festival Fringe” are held during summer season. Each of them are sponsored by different organizations, but this make Edinburgh a city full of Arts every summer since there’d be plenty of shows all together at the same time. Moreover, street performers/comedians would also be performing in the  streets and open spaces. We’d like to make this happens here in Osaka too, and this city more thriving.

大阪フリンジフェスティバルの3つの姿勢

私たちは、“まち”全体で楽しめる祝祭都市に向けて取組む大阪フリンジフェスティバルを、以下に示します3つの基本姿勢により推進します。

  • 「連携」 地域内の劇場、飲食や物販の商業施設との連携を図り、一人でも多くの人々が関わりフリンジフェスティバルの開催効果を波及させます。
  • 「食」 「食の都 大阪」に現れる大阪の固有な食文化に注目し、演劇やショー、アートで訪れる“まち”の醍醐味としての食を楽しんでもらうよう な仕組みづくりに取組みます。
  • 「国際化」 演劇やショー、アートは、大阪が有する「人に働きかけ、人を感動させ、楽しませる」手段(人~装置)に「プレゼンテーション=表現力」 が 融合するエンターテインメント要素であり、この要素を拡大するインバ ウンドと“まち”との交流へとつなげます。

 

大阪フリンジフェスティバルの3つの姿勢Osaka Fringe Festival’s 3 Basic Stances

We promote Osaka Fringe Festival approaches in order to revitalize the entire town following these 3 basic stances.
* Proceed with the project by collaborating with local theaters, stores and restaurants, and have people as many as possible involved in this Festival in the aim of producing better effects both economically and socially.
* Create a coordinating mechanism between Performing Arts and food culture in Osaka. In terms of this city’s feature, food culture is a must since Osaka is also known as “Food Capital” in Japan.
* Promote the internationalization through Performing Arts. As a means of achieving “Influence, move, and entertain people”, we want to connect inbound tourists and this city for cross-cultural interacts.

コンセプト

 エンターテイメント~表現する魅力の発見
人に働きかけ、人を感動させ、楽しませる」手段(人~装置)に「プレゼンテーション=表現力」 が融合するエンターテインメント は、人を惹きつける力を持つものです。エンターテイメントは、人がつくり出してきた表現文化であり、そこに流れてきた人の創造力を“まち”の賑わい創出につなげます。

アーティスト~表現の場の見える化
表現者の発表する場が劇場だけでなく、映像やSNS等も加わりマルチ化していることから、これを楽しむ側が個別化し大衆側か ら見え難くなっていることから、期間やエリアでの集中的なフェスティバル開催により見える化を図ります。

エンターテイメントと“まち”~祝祭都市の創造
エンターテイメントの表現の場である劇場周辺は幕開けや幕間、幕後に食事や買い物、談笑するお店が立地し賑わう祝祭都市・ 大阪を「大阪フリンジフェスティバル」により創造します。

 

Concept

Entertainment -discover appeals of performing/expressing
Entertainment is a fusion of the way of “Influence, move, and entertain people” and “expressiveness”, and has an ability to fascinate people. Representation is one of the culture we’ve created, and we would love to associate it as a way for community development.

Artists -Visualize the places for performing
Recent years, the number of places to perform is increasing as technology advances. Now you can express yourself not only on stage but also through SNS. Although this make it easier for people to experience the arts, but it can also isolate audiences. So we encourage visualization of arts by holding intensive festival.

Entertainment and this city – Creation of Festival City
We’d love to let this Osaka Fringe Festival be a chance to create a lively and flourishing city, Osaka where everyone can have meals, shopping and pleasant chat before the curtain-up, during the intermission, or after the curtain.