人形劇団クラルテ

人形劇団クラルテ

1948年の創立以来、幼児から大人まで様々な世代に向けた人形劇を創作上演してきた。劇団創立50周年では、宮沢賢治作『セロ弾きのゴーシュ』を各地のオーケストラと共演し全国公演。55周年では、ブレヒトの『三文オペラ』を文楽劇場にて上演。そして、創立60周年記念作品は子ども達の合唱による『火の鳥-黎明編』で漫画家手塚治虫の哲学・世界観を人形劇で表現し全国公演を果たしてきた。おかげさまで、新たな挑戦をし続ける劇団として認知され評価も頂くようになった。そして、創立70周年・2018年には、記念作品『はてしない物語』でミヒャエル・エンデの世界に挑戦した。

06-6685-5601
office@clarte-net.co.jp