「女殺油地獄」

人形劇団クラルテ

近松門左衛門の世話物。1721年5月4日に実際に起こった事件に取材し執筆。同年7月15日に1回限りの公演。現代では文楽や歌舞伎の人気演目の一つ。

1973年初演時の台本を元に、現代人形劇の手法で再創造する。

歌舞伎では、豊島屋油店の段で終わるのが一般的であるが、クラルテは初演時から近松の原作に忠実に舞台化し、お吉の三十五日法要の豊島屋の段まで上演。それにより、強盗殺人を起こした与兵衛がその後も遊郭通いを続け、法要に悲しむ豊島屋を訪れ何食わぬ顔で供養に同席していたが、動かぬ証拠にやっと観念する与兵衛という人物像が浮かび上がる。

300年前とは思えない現代に通じる人間の恐ろしさ・悲しさ・弱さが見えると同時に、人間が本来持っていた情と言うものを思い起こされる。

現代の観客の心の中に入り込み・いまの空気の中に落とし込む・現代性を持つ作品。


人形劇団クラルテ第118回公演
近松人形芝居其の16
日本の古典芝居其の21
「女殺油地獄」

原作:近松門左衛門
脚本:吉田清治
台本(補綴):ふじたあさや

出演:西村和子 高平和子 三木孝信 菅賢吉 他


チケット発売日 2019年7月1日(月)
チケット料金 前売4,000
当日4,500
(全席自由・日時指定・税込)
チケット購入先 06-6685-5601

 

「女殺油地獄」
15:00
「女殺油地獄」
15:00
「女殺油地獄」
19:00
「女殺油地獄」
15:00
「女殺油地獄」
19:00
「女殺油地獄」
15:00
「女殺油地獄」
15:00
「女殺油地獄」
19:00
「女殺油地獄」
15:00
「女殺油地獄」
19:00

Event Detail

2019年9月29日 3:00 PM
2019年10月5日 9:00 PM

Organizers

人形劇団クラルテ
office@clarte-net.co.jp
0666855601